NULL

Jun 19 2014

――タトゥーに対する行政や社会の対応についてどう思われますか?

「タトゥー愛好者の中には今の日本の社会環境に不満がある人も多いですが、私ははっきり言って、今のままでいいと思います。タトゥーを理由にプールや温泉で入場を断られて文句を言う奴がいますが、だったらタトゥーなんか最初から入れるなっていう話ですよ。タトゥーって最近ファッション化しすぎてしまいましたが、単に美しいとかカッコいいだけの世界ではない。昔からアウトローたちが入れてきたように、下世話で毒のある世界。そんな社会からはつまはじきにされる彫り物を、自分の生き方を貫く覚悟を彫っていたわけで。それは現代のタトゥーでも変わらないと思うんですよ。だから、ある種の後ろめたさが感じられなくなったら、タトゥーなんて入れる意味はなくなる。プールに入れなかったり、公務員になれなかったりする可能性は、タトゥーを入れるときにすでに承知していたはず。それも覚悟でタトゥーを入れた自分を最後まで貫けって言いたいですね」

14 notes

Jun 16 2014
挿入時に目を開けて顔を見てくる女の子はあなたのことが大好き。好きな人が自分で感じてくれてるかどうかは女の子にとっても重要なんだよ。挿入時に目を閉じて絶対に開けない子は、向井理を思い浮かべてるか眼球が乾きやすいかのどちらかだよ!

780 notes

+
So are mushroom clouds, in their own way.
scientists sent a petition to President Truman begging him not to use the bomb, but they had created a demon too great to resist.

May 16 2014

The key here is that the software does all this on its own — a big advantage over older AI models, which required engineers to massage the visual or auditory data so that it could be digested by the machine-learning algorithm.

With Deep Learning, Ng says, you just give the system a lot of data “so it can discover by itself what some of the concepts in the world are.” Last year, one of his algorithms taught itself to recognize cats after scanning millions of images on the internet. The algorithm didn’t know the word “cat” — Ng had to supply that — but over time, it learned to identify the furry creatures we know as cats, all on its own.

This approach is inspired by how scientists believe that humans learn. As babies, we watch our environments and start to understand the structure of objects we encounter, but until a parent tells us what it is, we can’t put a name to it.

Apr 29 2014
「選択の根拠が他人を羨んでのものだった場合、それは十中八九誤った選択となる。」

408 notes

+
182頁の『金利が1%から2%に上昇すると国債価格が半値になる』という一節だ。
これは明らかな嘘である。長期金利が1→2%に上昇した場合、残存期間10年の
国債価格は91.7%になり8%弱の下落となる。残存期間がこれより少ないものでは
下落率はもっと低くなる。これは債券の教科書を読めば誰でも計算できることだ。
この一節を読んだだけで、もうこの著者への興味を完全に失ってしまった。

+

An order of magnitude is a scale of numbers with a fixed ratio, often rounded to the nearest ten.

The orders of magnitude are written in powers of 10. For example, the order of magnitude of 1500 is 3, since 1500 may be written as 1.5 × 103.

Differences in order of magnitude can be measured on the logarithmic scale in “decades” (i.e., factors of ten).[1] Examples of numbers of different magnitudes can be found at Orders of magnitude (numbers).

Feb 21 2014
Feb 19 2014
# 小1の時の日記で「母が」と書いたら「お母さんと書きなさい」とわざわざ指摘してくれた馬鹿教師を思い出したよ。
# 小1で正しく謙譲語を使うのは子供らしくないんだとさ。(母が抗議したらそう答えたそうな)

388 notes

+

まあ聞いてくれ。信仰心などはじめからなく、純粋に飯を食う為だけに聖職者となった人間からのアドバイスだ。
その宗教を客観視できるのならば、入信するのはやめておけ。
祈るだけならばイワシの頭に対してだってできるし、
祈るだけならば他者は必要ない。
あんたがそこで見た他の連中は、あんたの持ってない信仰心を持ち、あんたの知らない生き方をしてるわけではない。
信仰心が強いのではなく、ただ単に、現状の生活において他の逃げ道がないだけだ。
信仰心は依存心と何も変わらない。依存の対象が人ではなく神となるだけであって、精神的自立には結びつかない。
ただそれでも傍から見れば、“信仰厚い人”という評価がなされ、“神への感謝と敬意を忘れない人”という見方がなされてしまう。
通常の価値観の持ち主なら当然、それのどこがいけない?と思うかも知れない。

だから、例をひとつあげよう。
数年前か。ある日、職場に一組の夫婦が祈願の依頼に来た。初めて見る顔だった。
夫婦は普段着みたいな格好で、表情は無く、喋る言葉も訥々としていて、なにかに行き詰って祈願に来たのだろうと思った。
祈願内容として口にしたのは、「家内平和、息子の就職祈願」だった。二人が口にするのは決まってその内容だった。
来るペースは月一か、二月に一度くらいだった。ジャージで来て祈願を受けていく事もあった。

それから何年かして、夫婦の様子が少しずつ変わっていった。
外出着っぽい服に身を包んで現れるようになり、表情にもわずかだが笑顔が見られるようになった。
祈願を受けに来る間隔も若干短くなっていたように思う。
だが、祈願内容は全く変わらず、「家内平和、息子の就職祈願」だった。今も変わっていない。

さて、このエピソードを見て、あんたはどう思っただろう。
“祈願に来ることで夫婦には変化が現れ、明らかにいい影響が出ているのだから、よかったじゃないか”
そう思ったかも知れない。

そうだな。実際、夫婦は数年前よりリラックスしてるように見えるし、それを見守るこちら側の視線も暖かくはなる。
だが、違うんだ。なぜなら、祈願に来た結果、この夫婦にとっての問題は何一つ解決していない。
この数年間で夫婦がすべき事は他にあった。
片道二時間くらいかけてやってきて、数千円の祈祷料を払い、長い祈祷を受け、また片道二時間くらいかけて帰ってゆく。
その時間と金を使って、家庭内の問題に、ちゃんと正面から向き合うべきだったんだ。

リピーターになってしまってはいけない。祈願を受けるのが楽しくなってしまってはいけないんだ。手段と目的がすりかわる、それは本末転倒と言う。
だがこちらは生業として聖職者をする身だから、こういう事は口に出来ない。
でも本当は、神にすがらず頼らず、彼らはちゃんと自分の足で立って、ちゃんと自分の手で現実と戦わなければならなかったんだ。

さて、神を作ったのが人間かどうかという問いは誰にも答えられないにしても、宗教を作ったのは人間だと断言できる。
宗教は団体だから、運営上必然的に資金を集める必要がある。経営者や職員に食えるだけの給料を払わなければいけないからな。
だからどうしても定期的な収入、すなわち信者からの恒常的な搾取構造を設ける必要がでてくる。
賽銭箱しかり、祈願しかり、授与品(お守りとかお札)しかりな。
歴史ある宗教とはすなわち、古い歴史の中でいつしか公認されてきた詐欺、と言ってもいいだろう。
神に頼る者の問題をなんら解決しない。
それどころか、救いを求めてすがりつく者から金を巻き上げてゆく。
神へと祈る者が勝手に受け取る精神的安定と引き換えに、対価を要求する。

繰り返すが、宗教は人の作った組織だ。
その中で神を信じ続ける事が、あんたにできるだろうか?
既に、宗教を冷静に客観視して「みんなで祈るのもいいものだ」とか良かったところ探しをしており、そのことを増田に書き込んで整理しようとしているあんたに、入信して神を信じ続ける事が果たしてできるのだろうか?

悪い事は言わない。
手段が目的にすりかわってしまう前に、信仰を持とうとするのだけはやめておけ。

20140217175047 (via w210)

(via ittm)

554 notes

Page 1 of 258